FC2ブログ

3月キンヨウワイン

キンヨウワインは、なかなか手を出しづらいヴィンテージの古いものや、
市場に出回りにくいレアなもの、値段が高くて1本買うのに悩んでしますようなワインを、
試せる機会を増やす企画です。興味のあるワインがある時はお試しください。


ワイン会の案内等をメールで配信しております
.natowateam@gmail.com;に空メールを送って下さい。
営業時間 11:00~14:00(L・O)18:00~22:00(L・O) 
電話 03-6915-1334


・3月6日(金)スタッグリン ファミリー ヴィンヤード サラス シャルドネ 2016 1,200円
アメリカ カリフォルニア  シャルドネ 100% 

ガレンスタッグリン氏が1985年にナパのラザフォードベンチに設立したワイナリー。
この土地はかつてボーリューヴィンヤードのプライベートリザーブを産出した傑出した畑でもあります。
ワイン造りには世界的に有名なミッシェル・ロラン氏を招聘し、栽培責任者にもデヴィッド・エイブリュー氏を採用するなど錚々たる
メンバーを擁するナパのトップワイナリーです。

オバマ大統領が晩餐会にてサラス・シャルドネの2006年を使用したというニュースが読売ワインニュースに掲載
日本の福田元首相も中国の胡錦濤・国家主席との昼食会に持ち込んだワインです。

・3月13日(金)シャンパーニュ パニエ ブランドブラン 2012  1,300円
フランス シャンパーニュ シャルドネ 100%

1899年にネゴシアンとしてエペルネに創業し、1937年には、約1000年前に騎士ユーグ・ランベール公が掘らせたという地下の回廊、シャトー・ティエリーにメゾンを移しました。栽培グループとともに1974年から共同経営を開始したパニエは、現在およそ500軒の栽培農家からなる700ヘクタールの畑をクラマン、コート・デ・ブラン、マイィなどに所有しています。パニエとしてリリースするのはテイスティングして選び抜いた全生産量の約15%ほどで、それ以外はすべて大手著名ネゴシアンなどに売却しています。

大手ネゴシアンがプロモーションに資金をつぎ込むのに対し、パニエは設備に投資し、コストパフォーマンスの高いシャンパーニュを造り出しています。その鍵となるのが、30年以上パニエの味を守り続けているシェフ・ド・カーヴ、Philippe Dupuis(フィリップ・ドゥピュイ)と地下30メートルに所有する全長2キロの巨大カーヴです。彼の高い技術により生み出されるシャンパーニュが、法律で定められた瓶内熟成期間を大幅に超えてこのカーヴでゆっくりと熟成され、パニエの安定したふくよかな味わいをもたらします。また、パニエはセニエ法(赤ワインを少量ブレンドするのではなくブドウの果皮から色を抽出する、経験と高い技術を必要とする作業)でロゼを造る数少ないメゾンの一つで、エレガントでスムースなロゼを造ることでも定評があります。

2010年10月のフランスのワイン雑誌、ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランスのCave Cooperative(協同組合)100特集では、パニエのプレスティージュ・キュヴェ・エジェリが見事上位4番目のランクに選出(シャンパーニュ・メゾンとしては2位)。本国フランスでも小売りはされておらず、多くのレストラン・ホテルのソムリエによってのみサービスされているパニエは、まさに食のプロフェッショナル、そして美食家達のためのシャンパーニュです。

・3月20日(金)シャトー グランピュイラコスト 2012  1,500円
フランス ボルドー カベルネソーヴィニヨン 70% メルロ 25% カベルネフラン&プティヴェルド 5%

 メドック 5級 デュクリュ・ボーカイユのボリーファミリーがポイヤックに所有しているシャトー。
 オーナーのグザヴィエ・ボリー氏はデユクリュ・ボーカイユのオーナー、ブルーノ・ボリー氏の実兄です。
 数年前までデユクリュ・ボーカイユを取り仕切っていましたが、現在は弟さんに任せ、グラン・ピュイ・ラコストとオー・バタイィに専念するようになりました。
 その後、2つのシャトーは格段にクオリティを向上させています。
 ワインのスタイルは常にクラシックな正統派ポイヤック。がっしりした骨格と厚みのあるタンニン、カシスリキュールを思わせるような濃く深い味わいが特徴的。オー・バタイィとともに、一貫したスタイルの堅実なシャトーとして、隠れた人気を誇ります。

・3月27日(金)ダックホーン ワイン カンパニー メルロ  2014  1,100円
アメリカ カリフォルニア ナパ メルロ 88% カベルネソーヴィニヨン 7% プティヴェルド 3% カベルネフラン 2%

ダックホーンはナパ・ヴァレーの中心部、セント・ヘレナに位置するワイナリー。1976年にダックホーン夫妻により設立されました。ナパ・ヴァレーのメルロを世界に広めた、先駆者的存在です。創立当時、メルロ種はブレンド用の品種として使用される事が多く、メルロ主体で造られるワインはごく僅かでした。そんな中ダックホーンはメルロの可能性を追求し、情熱を注ぎ、ついに大きな成功を手にしたのです。

現在でもダックホーンのフラッグシップであるメルロは世界中のワイン愛好家に愛され続けています。2009年に行われた当時の大統領、オバマ氏の大統領就任式にてダックホーンのワインが提供され、さらに2010年にはワイン&スピリッツ誌のワイナリー・オブ・ザ・イヤーにも選出されるなど近年さらなる飛躍を遂げている、ナパを代表するワイナリーのひとつです。
 
*7杯限定で予約可能です。営業時間内であればいつでも結構です。

問い合わせ・予約は電話にて承ります。  TEL 03-6915-1334
スポンサーサイト



2月キンヨウワイン

キンヨウワインは、なかなか手を出しづらいヴィンテージの古いものや、
市場に出回りにくいレアなもの、値段が高くて1本買うのに悩んでしますようなワインを、
試せる機会を増やす企画です。興味のあるワインがある時はお試しください。


ワイン会の案内等をメールで配信しております
.natowateam@gmail.com;に空メールを送って下さい。
営業時間 11:00~14:00(L・O)18:00~22:00(L・O) 
電話 03-6915-1334


・2月7日(金)パスカル マゼ トラディッション NV  1,200円
フランス シャンパーニュ  ピノムニエ 50% シャルドネ 30% ピノノワール 20%

 ランスの南、ヴィルマールで知られるリリー・ラ・モンターニュ村のすぐ東にあるシニー・レ・ローズ村。人口600人程の小さな一級格付け村に居を構えるのがパスカル・マゼです。
 アンボネイとリュードにも畑を所有していますが、すべてのパーセルを合わせても総面積は2haのみ。長年有機農法を続けており、2009年にはエコセール認証を取得しました。

 50hlのフードルとリザーヴワインを巧みに用いて、奥行きのあるワインを生み出しています。年産僅か16,000本のほとんどがフランス国内で消費されるという、大変希少なシャンパーニュです。

 ブドウの純粋さ、造り手の技量が際立つブリュット・ナチュール。パスカル・マゼの特徴的な熟成感が綺麗に表現されています。リンゴのコンポートにナッツやバターのヒント、滑らかな果実味に微かなスパイスのニュアンス。後味には心地良いビターさを残します。

 時間をかけて丁寧に造られた彼のシャンパーニュは、複雑かつ澄んだ味わい。ピノ・ムニエ主体の柔らかさを活かしながら独自の繊細さを感じさせてくれます。

・2月14日(金)ラッペンホーフ ニアシュタイナー ペッテンタール アウスレーゼ 1992  1,000円
ドイツ ライヘッセン  リースリング 100%

 熟成したデザートワインお楽しみください。

 ニアシュタインを代表する一級畑(単一畑)のペッテンタールのリースリング27年熟成。1604年からの歴史を持つ伝統ある家族経営の生産者で、V.D.P.(ドイツ高品質ワイン生産組合)とBarrique Forum(バリックフォーラム)のメンバーでもあるラインハールト・ムート博士家。

・2月21日(金)イヴォンメトラ ボジョレ マダム ジェルメーヌ 2016 1,000円
フランス ボージョレー ガメイ 100%

 マルセル・ラピエール、ジャン・フォワイヤール、ギー・ブレトン、ジャン・ポール・テヴネらとともに、ボジョレにおける自然派ワインの名声を築いたメトラは、デリケートなバランスのとれた優れたスタイルで高く評価されている。

・2月28日(金)ヌーンワイナリー レゼルバ シラー 2016  1,500円
オーストラリア シラーズ 100%

ヌーンワイナリーは赤ワインのみを生産している家族経営の小さなワイナリーです。ミネラルに富んだフルボディの赤を作ることに力を注いでいます。
ドゥリューとリーガンのヌーン夫妻がこの家族経営のワイナリーを引き継いだのは、1996年10月のことでした。

彼らの経営の元での初ヴィンテージも1996年です。ヌーン・ワイナリーでは古樹からとれるブドウを主に使用しており、それらは台木を使用していません。

畑はそれぞれ、1934年から1943年にかけて植樹されたグルナッシュが4ha、1962年植樹のシラーズが1.6ha、1972年植樹のカベルネが1.2haです(シラーとカベルネの畑は、ラングホーン・クリークの友人の所有)。

そして1998年にはグラシアーノが植樹され、2008ヴィンテージよりエクリプスにもブレンドされています。

ワイナリーへの直接の訪問はストックがあるときに限られており、平均して毎年2~4週間のみです。ほとんどのワインが発売後短期間で固定客への販売により完了してしまいます。
 
*7杯限定で予約可能です。営業時間内であればいつでも結構です。

問い合わせ・予約は電話にて承ります。  TEL 03-6915-1334

1月キンヨウワイン

キンヨウワインは、なかなか手を出しづらいヴィンテージの古いものや、
市場に出回りにくいレアなもの、値段が高くて1本買うのに悩んでしますようなワインを、
試せる機会を増やす企画です。興味のあるワインがある時はお試しください。


ワイン会の案内等をメールで配信しております
.natowateam@gmail.com;に空メールを送って下さい。
営業時間 11:00~14:00(L・O)18:00~22:00(L・O) 
電話 03-6915-1334


・1月10日(金)パスカル マゼ トラディッション NV  1,200円
フランス シャンパーニュ  ピノムニエ 50% シャルドネ 30% ピノノワール 20%

 ランスの南、ヴィルマールで知られるリリー・ラ・モンターニュ村のすぐ東にあるシニー・レ・ローズ村。人口600人程の小さな一級格付け村に居を構えるのがパスカル・マゼです。
 アンボネイとリュードにも畑を所有していますが、すべてのパーセルを合わせても総面積は2haのみ。長年有機農法を続けており、2009年にはエコセール認証を取得しました。

 50hlのフードルとリザーヴワインを巧みに用いて、奥行きのあるワインを生み出しています。年産僅か16,000本のほとんどがフランス国内で消費されるという、大変希少なシャンパーニュです。

 ブドウの純粋さ、造り手の技量が際立つブリュット・ナチュール。パスカル・マゼの特徴的な熟成感が綺麗に表現されています。リンゴのコンポートにナッツやバターのヒント、滑らかな果実味に微かなスパイスのニュアンス。後味には心地良いビターさを残します。

 時間をかけて丁寧に造られた彼のシャンパーニュは、複雑かつ澄んだ味わい。ピノ・ムニエ主体の柔らかさを活かしながら独自の繊細さを感じさせてくれます。

・1月17日(金)ラッペンホーフ ニアシュタイナー ペッテンタール アウスレーゼ 1992  1,000円
ドイツ ライヘッセン  リースリング 100%

 熟成したデザートワインお楽しみください。

 ニアシュタインを代表する一級畑(単一畑)のペッテンタールのリースリング27年熟成。1604年からの歴史を持つ伝統ある家族経営の生産者で、V.D.P.(ドイツ高品質ワイン生産組合)とBarrique Forum(バリックフォーラム)のメンバーでもあるラインハールト・ムート博士家。

・1月24日(金) 貸切の為お休み

・1月31日(金)ジャコモ ヴィーコ ロエロ パタローネ DOCG 2010  1,000

 ジャコモヴィーコのロエロ・パタローネはネッビオーロ100%の赤ワインで、ピエモンテ州のバローロ村やバルバレスコ村から見るとターナロ川を挟んだ北西部にあるロエロ地区で作られます。特徴は水はけのよい砂質を中心とする泥灰度、石灰質土壌から生まれるネッビオーロがワインの香りを豊かにしアルコール度数を過度にあげることなく凝縮感のある味わいをもたらします。
 バローロ(時にワインの王と呼ばれる)やバルバレスコ(女王と呼ばれる)に比べ出荷された後、幾分早くから楽しんでで頂けます。さしずめワインの王子様といった位置づけであろうと考えます。
 単一畑パタローネで造られるネッビオーロは人の手によって摘まれ、20kgの小ぶりなバスケットで丁寧に収穫されその後ワインへと変わっていきます。
 ルビーとガーネットの中間くらいの色あいで、香りはドライプラムやプルーンの中に、わずかな土のような熟成香も感じられます。大樽で24か月、瓶内で12か月熟成され、酸とタンニンはしっかりとしていて、引き締まった感触のある味わい。余韻は中程度でフルボディ。
 
*7杯限定で予約可能です。営業時間内であればいつでも結構です。

問い合わせ・予約は電話にて承ります。  TEL 03-6915-1334

12月キンヨウワイン

キンヨウワインは、なかなか手を出しづらいヴィンテージの古いものや、
市場に出回りにくいレアなもの、値段が高くて1本買うのに悩んでしますようなワインを、
試せる機会を増やす企画です。興味のあるワインがある時はお試しください。


ワイン会の案内等をメールで配信しております
.natowateam@gmail.com;に空メールを送って下さい。
営業時間 11:00~14:00(L・O)18:00~22:00(L・O) 
電話 03-6915-1334


・12月6日(金)ラッペンホーフ ニアシュタイナー ペッテンタール アウスレーゼ 1992  1,000円
ドイツ ライヘッセン  リースリング 100%

 熟成したデザートワインお楽しみください。

 ニアシュタインを代表する一級畑(単一畑)のペッテンタールのリースリング27年熟成。1604年からの歴史を持つ伝統ある家族経営の生産者で、V.D.P.(ドイツ高品質ワイン生産組合)とBarrique Forum(バリックフォーラム)のメンバーでもあるラインハールト・ムート博士家。

・12月13日(金)オーボンクリマ イザベラ 2015 1,000円
アメリカ カリフォルニア  ピノノワール 100%

 通称 ABC と呼ばれる人気のワイナリーで、三角形のラベルが特徴。オーナー兼ワインメーカーであるジム・クレンデネン氏はブルゴーニュの神様と呼ばれるアンリ・ジャイエを師と仰ぎ、自身が大きく影響を受けたブルゴーニュ・スタイルのエレガントなワイン造りに徹しています。

 オー・ボン・クリマは1989年と1990年ともにロバート・パーカーによって“世界のベスト ワイナリー”として掲載され、ワイン・スペクテーターで「5スターワイナリー」にも選ばれています。また、ジム・クレンデネン自身はロサンゼルスタイムズ で1992年の“ワインメーカーオブ・ザ・イヤー”、2001年にはフード&ワイン・マガジンで “ワインメーカーオブ・ザ・イヤー”に選ばれています。

・12月20日(金) 貸切の為お休み

・12月27日(金) 貸切の為お休み

*7杯限定で予約可能です。営業時間内であればいつでも結構です。

問い合わせ・予約は電話にて承ります。  TEL 03-6915-1334

11月キンヨウワイン

キンヨウワインは、なかなか手を出しづらいヴィンテージの古いものや、
市場に出回りにくいレアなもの、値段が高くて1本買うのに悩んでしますようなワインを、
試せる機会を増やす企画です。興味のあるワインがある時はお試しください。


ワイン会の案内等をメールで配信しております
.natowateam@gmail.com;に空メールを送って下さい。
営業時間 11:00~14:00(L・O)18:00~22:00(L・O) 
電話 03-6915-1334


・11月1日(金)ローファイ ガメイノワール 2016  1,000円
カリフォルニア サンタバーバラ ガメイ 100%

 ローファイ率いるマイケル・ロスの陣地はサンタ・バーバラ。南カリフォルニアにおける“ブルゴーニュ品種のメッカ”にもかかわらず、地元のお家芸セパージュを主力に置きません。

いずれも、評価の確立されたお膝元のドル箱品種(実のところ親和性のある葡萄はそれらばかりでは無い)に頼らずとも功名を立てる中、ローファイのマイケル・ロスは現在、「サンタ・バーバラで最も大きな脚光を浴びる醸造家」と評されるに至ります。

甚く低い収穫時糖度(時に19brix未満)が示す氏に特徴的なワインメーキング。それは葡萄畑から始まり、原則として栽培は有機農法(無農薬・無化学肥料)⇒手摘みの収穫⇒果実は除梗を経ず全房のまま足踏み圧搾⇒スターター(培養酵母)に頼らぬ天然酵母の自発的活動に委ねた発酵へと続きます。

失敗作の危険性をはらむリスキーな手法を経ながらも、成功の暁には飲み手の感性をあまねく刺激するワインの実現は、ガローニの言う「一般的な低アルコール(自然派)に一線を画す」「驚くべき味わいの純度」にも表されていることでしょう。

だからこその飲む価値、アイデンティティを備えるワインです。

・11月8日(金)イヴォンメトラ ボジョレ マダム ジェルメーヌ 2016 1,000円
フランス ボージョレー ガメイ 100%

 マルセル・ラピエール、ジャン・フォワイヤール、ギー・ブレトン、ジャン・ポール・テヴネらとともに、ボジョレにおける自然派ワインの名声を築いたメトラは、デリケートなバランスのとれた優れたスタイルで高く評価されている。

・11月15日(金)シャトー ラトゥールブランシェ 2007  1,200円
フランス ボルドー  セミヨン 83% ソーヴィニヨンブラン 12% ミュスカデル 5%
 
 ソーテルヌ地区の1級に格付けされるシャトー・ラ・トゥール・ブランシュは、1855年の格付けでは、同地区のディケムに次ぐ高い評価を受けていました。しかし、当時の所有者がシャトーを国へ遺贈することにしたため、1909年以降、フランス農務省が管理・運営する、ブドウ栽培やワイン醸造の技術者を養成する国営の農学校「ラ・トゥール・ブランシュ・栽培醸造学校」へと生まれ変わったのです。非常に珍しい事例だと言えるでしょう。

しかし、一見したところ非常にいい話に思われるのですが、ここで作られるワインは生徒達の実習の産物となってしまったため、品質の低下が顕著となり、過去の名声は地に落ちてしまった時期もありました。しかし、国もその事態に気付き、1983年になってから収穫量を制限する、発酵と熟成には新樽を100%使用するなどの改革に乗り出し、ようやく低迷期を脱してきたのです。

 ディケムと比較されたほどの素晴らしい土壌を持つシャトーだけに、その資質は優れています。価格もまだ比較的リーズナブルであり、今が狙い目のワインだと言えるかもしれません。 

・11月22日 15種類のヌーヴォーをお楽しみください。 ALL 750円

・11月29日(金)クロデュマルキ 2011  1,500円
フランス ボルドー  カベルネソーヴィニヨン 70% メルロー20% カベルネフラン 8% プティヴェ2%

 元々はボルドー2級格付け、レオヴィルラスカーズのセカンドワインで、セカンドワインの先駆けとして長い年月生産されてきたこともあり、その安定した品質は1980年代の終わりには「ボルドーの格付け3級、4級のワインに匹敵する」とかのロバート・パーカーも評価するほどワイン。

 この高い評価により、数あるセカンドワインの中でも確固たる地位を築いてきたクロ・デュ・マルキは、2007年からセカンドの立場から独立し、一つのボルドーワインとしてリリースされる様になりました。

良いヴィンテージでまだまだ若い可能性がありますが、テロワールの素晴らしさを感じられるシャトーです。

*7杯限定で予約可能です。営業時間内であればいつでも結構です。

問い合わせ・予約は電話にて承ります。  TEL 03-6915-1334

プロフィール

中村 竜

Author:中村 竜
ワイン*サカナ ナトワ
荻窪でワインが好きになる、きっかけになれるお店になれればと思いお店をやっています。国もいろいろ、ビオワインやシェリー、レアなワインを身近に感じられるキンヨウワイン、月別のテーマでワイン会も行っています。自分がどんなワインが好きか探しに来て見てください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR