FC2ブログ

4月キンヨウワイン

キンヨウワインは、なかなか手を出しづらいヴィンテージの古いものや、
市場に出回りにくいレアなもの、値段が高くて1本買うのに悩んでしますようなワインを、
試せる機会を増やす企画です。興味のあるワインがある時はお試しください。


ワイン会の案内等をメールで配信しております
.natowateam@gmail.com;に空メールを送って下さい。
営業時間 11:00~14:00(L・O)18:00~22:00(L・O) 
電話 03-6915-1334


・4月5(金)オーボンクリマ イザベラ 2015  1,200円
カリフォルニア ピノノワール 100%

 「カリフォルニアのロマネ・コンティ」と呼ばれるカレラと並び、ブルゴーニュに引けを取らないカリフォルニアワインとして、人気を二分しているのが、オー・ボン・クリマ。
 ワイナリー名となっている「Au Bon Climat」とは、「良く露出している畑」という意味で頭文字をとって、ABCと呼ばれています。

 オー・ボン・クリマは、1982年カリフォルニアのサンタ・バーバラの地で始められたワイナリーで、オーナーは「カリフォルニアワインの怪人」の異名を持つジム・クレンデネン氏。
 金色の長髪に派手なシャツという出で立ちで、見た目はまるでプロレスラーかロック・ミュージシャンのような雰囲気ですが、彼の生みだすワインは、その容貌からは想像できないほど繊細でエレガント。
 そのワインのクオリティの高さも「怪人」と呼ばれる所以となっています。

 クレンデネン氏はフランスで修行していた際、ブルゴーニュの神様“アンリ・ジャイエ”に師事。
ジャイエ氏のワイン造りに多大な影響を受けたクレンデネン氏は、テロワールを繊細に表現したワインを造るため、冷涼な気候でピノ・ノワールやシャルドネの栽培に向いているカリフォルニアのサンタ・バーバラにワイナリーを創設しました。

・4月12日(金)ラディコン ヤーコット  700 円
イタリア フリウリ  フルミント 100%

【スタニスラオ・ラディコン氏からのメッセージ】
私達のワイナリーの哲学は常に、大地と環境に最大限の敬意を払った、自然なワインを造ることでした。

1995年以降、畑では化学肥料の使用をやめ、葡萄の樹への薬剤散布も必要最低限に減らし、消費者の健康に有害でないと保証のできる製品のみを使用しています。
数年後には正真正銘の無農薬有機ブドウを生産することができるようになるでしょう。

ここ数年で私達の醸造方法は、劇的に、ともすると多くの消費者に受け入れられにくい方向へと変化してきました。だからこそ、ボトルを開けたときにどんなタイプのワインを皆さんが目にすることになるのか、概略だけでも説明しておきたいのです。
適切な時期にブドウを間引くことで、ブドウの収量を1ヘクタールあたり5トン以下にします。完熟したブドウはワイナリーへと運ばれ、除梗し木製の発酵槽へと移され、日に4回の攪拌をしながらマセレーション(醸し)を行います。つまり白ワインにも赤ワインを作る時と同様の醸造方法を採用していることを意味し、白には10-12日間の、赤には3週間のマセレーションを行います。

この醸造方法では白ワインがとても濃い色を呈するのはいたって普通のことであり、決して酸化しているわけではありません。ワインが少し濁っている場合があるかもしれませんが、これはブドウ畑と同様の哲学をワイナリーでも実践しているからで、いかなる化学薬品もフィルタリングも採用しないためです。

・4月19日(金)マルゲ シャーマン ロゼ グランクリュ 2014  900円
フランス シャンパーニュ  シャルドネ 67% ピノノワール 33%

5つのグラン・クリュをふくむ13.6haもの広大な畑を所有する歴史ある生産者『マルゲ』の5代目当主ブノワ・マルゲ氏。

凡庸なシャンパーニュ造りを拒否し、エノローグのエルヴェ・ジェスタン氏、そして地質学者クロード・ブルギニヨン氏の協力を得て、マルゲ一族やネゴシアンを営む夫人の両親から猛反対をうけながらも、シャンパーニュ地方の老舗としては異例の、有機栽培への転換を2006年からはじめます。 

その品質は酒質に表れ、年々実力の高まるRMの中でも注目の生産者です。

・4月26日(金)ヌーンワイナリー レゼルバ シラー 2016  1,500円
オーストラリア シラーズ 100%

ヌーンワイナリーは赤ワインのみを生産している家族経営の小さなワイナリーです。ミネラルに富んだフルボディの赤を作ることに力を注いでいます。
ドゥリューとリーガンのヌーン夫妻がこの家族経営のワイナリーを引き継いだのは、1996年10月のことでした。

彼らの経営の元での初ヴィンテージも1996年です。ヌーン・ワイナリーでは古樹からとれるブドウを主に使用しており、それらは台木を使用していません。

畑はそれぞれ、1934年から1943年にかけて植樹されたグルナッシュが4ha、1962年植樹のシラーズが1.6ha、1972年植樹のカベルネが1.2haです(シラーとカベルネの畑は、ラングホーン・クリークの友人の所有)。

そして1998年にはグラシアーノが植樹され、2008ヴィンテージよりエクリプスにもブレンドされています。

ワイナリーへの直接の訪問はストックがあるときに限られており、平均して毎年2~4週間のみです。ほとんどのワインが発売後短期間で固定客への販売により完了してしまいます。

*7杯限定で予約可能です。営業時間内であればいつでも結構です。

問い合わせ・予約は電話にて承ります。  TEL 03-6915-1334
スポンサーサイト

プロフィール

中村 竜

Author:中村 竜
ワイン*サカナ ナトワ
荻窪でワインが好きになる、きっかけになれるお店になれればと思いお店をやっています。国もいろいろ、ビオワインやシェリー、レアなワインを身近に感じられるキンヨウワイン、月別のテーマでワイン会も行っています。自分がどんなワインが好きか探しに来て見てください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR