考察 12月ワイン会


ソムリエ ブログランキングへ


QRcode.pngワイン会の案内等をメールで配信しております。ご希望の方はQRコードよりアドレスを読み取るか、natowa@team.email.ne.jp;に空メールを送って下さい。(3日たってもリメールが無い場合はshunkashuutoukokoroiki5196@softbank.ne.jp;に空メールを送ってください。)
営業時間 11:00~14:00(L・O)18:00~23:00(L・O)  電話 03-6915-1334

12月ワイン会  テーマ 『 〆 』

1,カーサ カテリーナ キュベ 60 2007
天然酵母、瓶内2次発酵の際のリキュールも自分の葡萄のジュース(普通は黒糖)、
などビオ生産者らしいこだわりをもった造り手。
このやり方だと、発酵が進みにくく上手くガスが出来ず、弱いガスになるのかなーと思っていましたが、
きちんと細かい泡が、しっかり残っていて切れのある美味しいスパークリングワインでした。
(シャンパーニュやフランチャコルタにまったく引けをとっていません。)
*ビオらしい造り方してるから、このくらいでいいだろうという感じはまったくありませんでした。
 ガスが弱くなると思っていた自分が愚かでした。すいません。

2,パスカル コタ サンセール ブラン ラ グランド コート 2013
1週目がパスカル、2週目がフランソワのコタ家のサンセール飲み比べでした。(自分だけ)
どちらも高いかなー。今の自分では両方のワインを熟成させて、美味しくなるイメージは見出せませんでした。
色んな本では熟成させるべきと出ていましたが、まだその域には自分は達していないようです。

パスカルのほうがミネラル感がかなりあり、硬くシャープな印象、塩味も感じました。
こういうミネラル感が強いワインを熟成させて美味しくなるという経験をしたこと無いので、
機会があったら試してみたいタイプです。中々探すのが大変ですが。

フランソワは、丸くて優しくフルーティーな味わいでした。
軽くてふわっとしたワインでしたが、このタイプで熟成させて美味しいのは経験したことがあるので、
こちらのほうが熟成が楽しみかな。このワインを今の自分では熟成させて美味しくなるとは言い切れません。

3,ヴァレンティーニ チェラスオーロ モンテプルチアーノ ダブルッツオ 2011
時間の経過と共に様々な顔を見せてくれて、とても楽しめました。
途中は獣の香りがあり、美味しいシラーの雰囲気もあり、凄いワインでした。

4,ドメーヌ ロドルフ ドゥモジョ ポマール 2008
2008年ながら、まだまだ力強く、もっと寝かせたほうがいいと思いました。
いい作り手だと思うので、他のキュベも試してみたいです。

5,ストッパ ラ ストッパ 2003
バランスが取れていてとても飲みやすかったです。

6,ダックホーン ヴィンヤード メルロ 2012
9時にデキャンタしていましたが、ワイン会終了時の19時が一番良かったかなと。
力強く、メルローも幅が広いですね。

7,ブラインド 上記のワインのヴィンテージ違い
ストッパ ラ ストッパ 2004 1週目は結構癖が強かったです。菌がイタヅラしたのでは?
                   2週目はくせがすくなく、美味しく飲めました。
2003と比べると、結構味が違います。
ビオ系のワインだと、天候のほかに天然の酵母の要素も入ってくるのでしょう。
酵母がどう作用するかで、まったく別なワインになってしまいます。
これが、本当の意味でのヴィンテージと捕らえていると思われます。

個人的には美味しくするための人間の知恵を、まったく廃してしまう作り方は好きではないので、
ちょっと苦手な造り手と言えるかもしれません。

8,ベルタ グラッパ ブリック デル ガイアン 2006 
華やか、フルーティーでやっぱり美味しい。
スポンサーサイト

プロフィール

中村 竜

Author:中村 竜
ワイン*サカナ ナトワ
荻窪でワインが好きになる、きっかけになれるお店になれればと思いお店をやっています。国もいろいろ、ビオワインやシェリー、レアなワインを身近に感じられるキンヨウワイン、月別のテーマでワイン会も行っています。自分がどんなワインが好きか探しに来て見てください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR