考察 2月ワイン会


ソムリエ ブログランキングへ


QRcode.pngワイン会の案内等をメールで配信しております。ご希望の方はQRコードよりアドレスを読み取るか、natowa@team.email.ne.jp;に空メールを送って下さい。(3日たってもリメールが無い場合はshunkashuutoukokoroiki5196@softbank.ne.jp;に空メールを送ってください。)
営業時間 11:00~14:00(L・O)18:00~23:00(L・O)  電話 03-6915-1334

考察 2月のワイン会

2月ワイン会  テーマ 『 熟成ブルゴーニュ 』

・ワイン 
1,ベルナール デ ラグランジュ ブルゴーニュ ピノノワール 2004
2,ピエール ラミー ブルゴーニュ ピノノワール 1996
3,ピエール ラミー フィクサン 2004
4,デュボワ ベルナール サヴィニ レ ボーヌ 1999
5,ドメーヌ ジャンミッシェル ジブロ サヴィニ レ ボーヌ 2002
6,クロデュムーラン オー モワーヌ オークセイデュレス 2001
7,ブラインド ピエール ラミー ブルゴーニュ ピノノワール 2010

96~04のヴィンテージでそろえましたが、以外に熟成を感じるワインが無かったです。
良いブルゴーニュの古いのは、紅茶や茸、動物性の香りするものがあるのですが、感じられるものが無かった。
しいて言えば、96のブルゴーニュルージュには感じられましたが、雑味が混じっていて難しかった(上のクラスじゃないと感じられないのでしょう。)。
全体的にもっと寝かしてもいいのではと思えました。個人的に好きだったのは99のサヴィニレボーヌ、果実味と甘さのバランスがちょうど良かった(熟成感は少ないですが。)。ブルゴーニュは奥が深い。

ブラインドは 2番の96年のヴィンテージ違い、これは全然似通った味わいが無く、香り、味わいで判断はできないと思います。
96年は澱が凄く(恐らくわざと)その分旨みが抽出されたものと思われます。ACブルゴーニュクラスで20年たっていてもこの味わいは凄いです。10年は澱がまったく無く(これが普通)綺麗な味わい、同じ生産者ですが作り方が違ったと思われます。
今回のような品種が同じで、生産者を当てるのは香り、味わいだけで判断するのは不可能だと思います。

正解者の中にはどれと同じかはまず置いておいて、味わいだけ村名の付かないクラスのワインだと判断、
1番、2番に的を絞り決めたという方がいました。ワインは深いですねー。
スポンサーサイト

プロフィール

中村 竜

Author:中村 竜
ワイン*サカナ ナトワ
荻窪でワインが好きになる、きっかけになれるお店になれればと思いお店をやっています。国もいろいろ、ビオワインやシェリー、レアなワインを身近に感じられるキンヨウワイン、月別のテーマでワイン会も行っています。自分がどんなワインが好きか探しに来て見てください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR