2016 ボージョレヌーヴォー

フェイスブック始めましたフェイスブック
メインシェフ募集中 来年1月から働ける方

ソムリエ ブログランキングへ

QRcode.pngワイン会の案内等をメールで配信しております。ご希望の方はQRコードよりアドレスを読み取るか、natowa@team.email.ne.jp;に空メールを送って下さい。(3日たってもリメールが無い場合はshunkashuutoukokoroiki5196@softbank.ne.jp;に空メールを送ってください。)
営業時間 11:00~14:00(L・O)18:00~23:00(L・O)  電話 03-6915-1334

去年は全然高いだけだった、ルロワが今年は一番美味しいです。
値段考えると当たり前ですが、夏の気温が高かったらしいので、全体的に果実味の濃さが感じられます。12種類それぞれ違うの味わいを楽しめます。本日はカウンター2名席のみ空きがあります。
明日、明後日はまだ少し空きがあります。

今年もボージョレ ヌーヴォーの解禁日が迫ってきました。
ナトワでは年に一度、葡萄農家や醸造家、インポーター、輸送や配送の人に感謝の意を表してお祝いしています。
お酒全般そうですが、いろんな人間の手により昇華されています。携わる全ての人に感謝です。

今年は天候が最悪らしく、自然派の人たちなどは日本用のヌーヴォーを諦めた造り手も多いそうです。
(もともと、収穫してワインにする期間が短いうえに、収穫が遅れて天然酵母で発酵するのには時間が足りないらしいです。
日本に出荷するためには11月は初めに瓶詰めできていないといけないので、無理と判断したようです。
現地では飲めるものも多いらしいです。)
そういうわけで今年は種類がそらわず、12種類しか用意できませんでした。


12種類のヌーヴォーを1杯(90CC)一律700円、6種類飲み比べ(50CC)2500円で提供いたします。
去年断トツに美味しかった、ドメーヌ ドラ マドンヌ、裏切られた感があったメゾンルロワ、
フィリップパカレ、マルセルラピエールの自然派のヌーヴォー、ブルゴーニュの白いヌーヴォー
など、今年はどんな味になっているかお試しください。

グラス 1杯(90cc) ALL 700円    
飲み比べ 6種類(50cc) 2500円(①~⑥ ⑦~⑫)

①Vignerons des Terres Secretes Macon Villages Nouveau
ヴィニュロン テール セクレット マコン ヴィラージュ
フランス ブルゴーニュ シャルドネ種    マコンでもトップクラスの3つの生産者が共同で作るヌーヴォー。 ヨーグルトや白い花の香り、切れのある酸味とフルーティーな味
 
② Le Clos du tue boeuf Vin Nouveau Rouge
クロデュテュエブッフ ヴァンヌーヴォー 
フランス ロワール ガメイ種  風土の特徴を大切にと考え有機農法で栽培、酵母を加えずに発酵はゆっくり時間をかける。 梅干を感じるさらっと美味しい味わい。

③Cave de Bel Air Beaujolais Nouveau
カーヴ ド ベレール ボージョレ ヌーヴォー
自社畑を所有する生産者組合です。パリ全国農産物コンクールでは、ボージョレー地区のベスト10の生産者の一つに選ばれています。フレッシュで軽やかな味わい。

④Seigneurie d'Epoisses Beaujolais Nouveau
セニュリ エポワス ボージョレ ヌーヴォー
フランスの美食家ブリヤ・サヴァランが 「チーズの王様」と賞賛した、ブルゴーニュを代表するチーズ“ エポワス” の名を冠するシャトー。いぶりがっこのような後味。

⑤Chateau des Maladrets Beaujolais Villages Nouveau
シャトーデマラドレ ボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォー
1860年設立の歴史あるシャトー、樹齢も古く厳しい収量制限を行い、味わいも向上しています。毎年、賞を受賞している実力派。酸味と果実みのバランスが取れている。

⑥Domaine de la Plaigne Beaujolais Villages Primeur
ドメーヌ ドラ プレーニュ ボージョレ ヴィラージュ プリムール
葡萄の平均樹齢は40年。収穫は100%手摘み,選果も厳しく行っています。現地では毎年多くの賞を受賞しています。香り味共に苺ジャムの雰囲気。

⑦Philippe Pacalet Beaujolais Vin de Primeur
フィリップ パカレ ボージョレ ヴァンド プリムール
マルセル ラピエールの甥で、自然派ワインを代表する造り手、ロマネ・コンティ社の醸造長に誘われる程の作り手ですが、自分の信念を持ったワインを造りたいとその座を蹴って2001年に自身のネゴシアンを立ち上げる果実味と酸味のきれあり。

⑧Marcel Lapierre Beaujolais Nouveau
マルセルラピエール ボージョレ ヌーヴォー
フランス自然派ワインの父、マルセル ラピエール偉大なる父の遺志を継ぎ、進化を止めない若き醸造家の作るヌーヴォー。果実味、酸味、樽、ビオワインらしさのバランス良い、豊かなヌーヴォー。

⑨Maison Leroy Beaujolais Villages Primeur
メゾン ルロワ ボージョレ ヴィラージュ プリムール 
ブルゴーニュの生産者のなかでも、ロマネコンティと並ぶ名門ワイナリー「ルロワ」社。
天才酒造家であるマダム・ルロワによって最高品質が守られています。
綺麗にまとまった、酸味と果実味のバランスの良さはさすがです。

⑩Domaine de la Madone Beaujolais Nouveau
ドメーヌ ドラ マドンヌ ボージョレ ヴィラージュ 
クリュ・ボージョレをも凌ぐといわれるペレオン村を代表する造り手、紅茶のような厚みのある果実味。

⑪Dominique Laurent Beaujolais Villages Nouveau
ドミニクローラン ボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォー
平均樹齢30年以上のブドウを使い、ヌーヴォーでは珍しい除梗せず全房発酵。醸造中に亜硫酸は添加せず、清澄、ろ過は必要最小限にとどめる。さらに樽熟成も行なっています。アプリコットのような果実味の厚さあり。

⑫Lou Dumont Beaujolais Nouveau
ルーデュモン ボージョレ ヌーヴォー 
日本人醸造家仲田氏が伝統的な醸造法の中にこそワイン造りの本質があると見極め、温故知新とでも言うべきテロワール主義・本質主義のワイン造りに挑戦しています。
飲み応えのある濃厚な渋みと上品な酸

スポンサーサイト

プロフィール

中村 竜

Author:中村 竜
ワイン*サカナ ナトワ
荻窪でワインが好きになる、きっかけになれるお店になれればと思いお店をやっています。国もいろいろ、ビオワインやシェリー、レアなワインを身近に感じられるキンヨウワイン、月別のテーマでワイン会も行っています。自分がどんなワインが好きか探しに来て見てください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR