6月キンヨウワイン


ソムリエ ブログランキングへ

ワイン会の案内等をメールで配信しております.natowateam@gmail.com;に空メールを送って下さい。(3日たってもリメールが無い場合はshunkashuutoukokoroiki5196@softbank.ne.jp;に空メールを送ってください。)
営業時間 11:00~14:00(L・O)18:00~23:00(L・O)  電話 03-6915-1334

・6月2日(金)クロ デュ マルキ 09 1,500円
フランス ボルドー カベルネソーヴィニヨン70% メルロー20% カベルネフラン8% プティヴェルド2%

あたり年のボルドースーパーセカンドをお楽しみください。
サン・ジュリアンの王として名高いスーパーセカンド、
レオヴィル・ラス・カーズが手掛けるセカンドラベル的存在。
美しく熟成を重ねた、複雑味と奥行きのある味わい。
シャトー・レオヴィル・ラス・カーズは、
サン・ジュリアン村に位置する3つの「レオヴィル」の1つ。
ラス・カーズ、バルトン、ポワフェレの兄弟は、元々1つのシャトーでしたが、
分割され、それぞれ別々のオーナー
シャトー・レオヴィル・ラス・カーズは、
サン・ジュリアン村に位置する3つの「レオヴィル」の1つ。
ラス・カーズ、バルトン、ポワフェレの兄弟は、元々1つのシャトーでしたが、
分割され、それぞれ別々のオーナーの元で歴史を刻んできました。

中でもレオヴィル・ラス・カーズは、「サン・ジュリアンの王」と言われ、
その質の高さと安定した造りで、1級シャトーにも引け劣らない実力を持つ、
スーパーセカンドの筆頭です。

その理由は構造、豊かさ、奥深さ、フィネスが、これほどまでに
完璧に近い形でバランスがとれている銘柄は稀有な為。
複雑で優美なサン・ジュリアン的スタイルというよりは、
むしろ隣のポイヤックのような厚みと逞しさを備えています。

それもそのはず。畑の主要な部分はポイヤックのシャトー・ラトゥールに隣接。
その恵まれた最高のテロワールはもちろんのこと、情熱をもって品質向上に取り組んできた、
オーナーのドゥロン家の姿勢が高い評価となり、
高品質なワインを生み出すことに繋がっています。

クロ・デュ・マルキは、当時ラス・カーズのセカンドラベルでした。
ファーストラベルがその独特で完全なスタイルを追求したワインであるのに対し、
こちらは 「そのスタイルを継承しつつ、サン・ジュリアンのテロワール性を
前面に押し出したワインである」とオーナーのミシェル・ドゥロン氏は語っています。
2007年より、レオヴィル・ラス・カーズは「プティ・リヨン」というセカンドラベルを
新たにリリースしており、現在クロ・デュ・マルキは独立した区画で造られるラベルとなっています。

・6月9日(金)サルナンベリュー サンロマンブラン13  1,100円
フランス ブルゴーニュ シャルドネ 100%

自然派ワインの新星をお楽しみください。
サルナン-ベリューは、2007年に設立したネゴシアン兼ドメーヌ。金融会社に勤めていたジャン・パスカル・サルナンとドメーヌのワイン造りのかたわら醸 造学校の先生もしていたジャン=マリー・ベリューの二人により設立されました。  ジャン・パスカル・サルナンは住まいがあるサン・ロマン村で2007年から厳選した畑のブドウを買い、ワインの生産を開始。ジャン=マリー・ベリューは 1999年、ワイン造りの世界に転身しアルボワとサン・ロマンのワイナリーで腕を磨き、5年後の2004年にピュリニー・モンラッシェ村近くにある0.25Haのブ ルゴーニュ・ブランの区画を取得し、自身のドメーヌワインを初めて造りました。  そんな彼らのワイン造りへの情熱が周りのナチュラルワインの生産者達にも伝わり、今では著名な生産者からもブドウを買うことに成功しています。  モンテリ村に構える醸造所は、ゲストハウスの地下にあるカーヴを二人で改装し、開放樽のある場所や、澱を寝かせる涼しい地下セラーを蘇らせま した。  品質へのこだわりはとても強く、ドメーヌを立ち上げた直後で経営が厳しくても、収穫量を落として生産量より品質を追求してきました。べリュー自 身の性格をつけたと言う「プティ・テチュ」というフランス語で「小さな頑固者」という意味を持つワインもリリースしているほどです。  ドミニク・ドゥランやフレデリック・コサールからの教えをもとに、ブドウ栽培はビオディナミを実践、ミネラル感溢れるワインを造るため、いつでもブドウ畑に いて活きた土壌を造り出す仕事をしています。ドメーヌ物として造っているアイテムは年にもよりますが、1もしくは2アイテムのブルゴーニュ・ブランのみ。 その区画はピュリニー・モンラッシェの下の区画で隣はルロワのブドウ畑です。収穫量を抑え、ゆっくりと樽発酵をおこない、丁寧なワイン造りをおこなっ ています。「澱引きは月が下がるときに、なるべく自然に」がモットーで亜硫酸塩も極力使いません。 彼らの情熱がしっかりとこもったワインは、果実の香りが拡がり、ピュアなエキス分もたっぷりです。各テロワールの特徴をしっかりと表現し、ナチュラル且 つ長期熟成に耐えうるポテンシャルがあります。  ワイン造りの歴史が新しいため、一部のファン以外にあまり知られてはいないのですが、すでにヨーロッパのナチュラルワイン業界では、じわじわと評価 が確立され、ディオニーが大注目している生産者です。

・6月16日(金)ラ・プリマ・ヴォルタ・ロゼ・ブリュット・ドサージュゼロ 1,000円
イタリア エミリアロマーニャ ランブルスコディソルバーラ 100% 

5周年記念に作られた、市場にはほとんどでない珍しいランブルスコです。
イタリア有数の美食地帯として有名なエミリア・ロマーニャ州。古来よりボローニャ、モデナ、パルマを繋ぐ「美食街道」は今でもイタリアの美食の中心です。
パルマが誇るプロシュート、サラミにクラテッロ、パルミジャーノ・レジャーノチーズといった名産品と共に楽しまれてきた地のワイン・ランブルスコは、過去の低価格甘口赤のスパークリングのイメージから本来の伝統的な辛口ランブルスコを取り戻そうと、若きヴィニュロン達が活躍し近年急速にその品質を上げてきています。
このムーブメントの立役者はフランチェスコ・ベッレイ(1920~)を祖とするベッレイ家であり、100種以上もあるランブルスコの亜種を選抜、最も高貴で優美なソルバーラ種を見出し、メトド・クラシコ(シャンパーニュ方式)のランブルスコを成功させました。その血を受け継ぐ4代目クリスチャン・ベッレイは、かつて自分が生まれ育ったセラーを原点に、先達の意思と自分の夢の実現のため、友人達と資金を集め、2009年に新たにスタートさせたプロジェクトがCANTINA DELLA VOLTAです。

・6月23日(金)ベルシセルリーニ フランチャコルタ サテン 1,100円
イタリア ロンヴァルディア シャルドネ 100% 

フランチャコルタでもワンランク上のワインです。
1886年からの伝統と畑を舞台に繰り広げるベルシセルリーニ社です。
ベルシセルリーニ社はミラノ近郊の高級スパークリングの産地、 フランチャコルタに35ヘクタールの自社畑を備え、その中心に 1100年代のクリュニー修道院跡にモダン醸造所を所有する、伝統と格式あるワイナリーです。

・6月30日(金)ベルシセルリーニ フランチャコルタ ブリュット ロゼ ロサ ロサエ 1,200円
イタリア ロンヴァルディア シャルドネ70%  ピノ・ネロ30%

ワイナリーで働くスタッフがほぼ女性、女性らしい細やかな仕事と伝統を併せ持つワイナリーのスペシャルなキュベです。

*7杯限定で予約可能です。営業時間内であればいつでも結構です。
問い合わせ・予約は電話にて承ります。  TEL 03-6915-1334
スポンサーサイト

プロフィール

中村 竜

Author:中村 竜
ワイン*サカナ ナトワ
荻窪でワインが好きになる、きっかけになれるお店になれればと思いお店をやっています。国もいろいろ、ビオワインやシェリー、レアなワインを身近に感じられるキンヨウワイン、月別のテーマでワイン会も行っています。自分がどんなワインが好きか探しに来て見てください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR