FC2ブログ

8月キンヨウワイン

キンヨウワインは、なかなか手を出しづらいヴィンテージの古いものや、
市場に出回りにくいレアなもの、値段が高くて1本買うのに悩んでしますようなワインを、
試せる機会を増やす企画です。興味のあるワインがある時はお試しください。


ワイン会の案内等をメールで配信しております
.natowateam@gmail.com;に空メールを送って下さい。
営業時間 11:00~14:00(L・O)18:00~22:00(L・O) 
電話 03-6915-1334


・8月3日(金)リシャール シュルラン カルト ドール 800円
フランス シャンパーニュ ピノノワール70% シャルドネ 30%

 ピノノワールの優良生産地である「オーブ」にある非常に小規模な生産者。
1978年に、お父さんから受け継いだ1.8へクタール程の小さな畑を受け継ぎシャンパーニュ作りを始めたというまだ新しい生産者ですが、この地の最高品質の『レコルタン・マニピュラン』として、すでに地元のリーダー的な存在。

 ブドウは全て、なるべく自然な状態で栽培され、農薬はなんと10年以上彼らの畑では使用されていないそうです!
伝統的な製法で、小さな垂直型の木製プレスを用い、丁寧に圧搾など歴史は新しいですが、昔ながらの製法をまもっています。

 彼のつくりだすシャンパーニュは、名高いマルヌ産のピノノワールから作り出されたシャンパーニュさえもブラインド・テイスティングで上回る評判を獲得しています。

・8月10日(金)バルバカルロ モンテブォーノ 1996 900円
イタリア ロンバルディア クロアティーナ 55%、ウ―ヴァラーラ 25%、バルベーラ 20%

イタリアの偉大な個性を持つ、唯一無二の造り手『バルバカルロ』のリーノ・マーガ。

畑は『物凄い急斜面』。ギリギリ車で畑までは行ける位の峻険な山の斜面にあり、当然、機械が入ることは非常に難しい畑。
にもかかわらず除草剤などは使用しない(使用したことがない!)自然栽培を実践。

そしてブドウ畑で樹をささえる「杭」は「自然の木」を切ったもの。
ブドウの蔦を結わえるのも「柳の枝」。
すべてが土に帰るものを使用するという徹底ぶり。

しかも彼らの場合、それが「夢やロマン」ではなく、合理性
と必然から生まれた物なのです。

早めに瓶詰めし炭酸ガスを残した状態で瓶詰め。樽を燻蒸するとき以外に、硫黄は使用せず。
早めに瓶詰めすことを信条とするワイン。

若いうちは「メチャクチャ渋くて味が濃いランブルスコ」の様に楽しめるにもかかわらず、古いヴィンテージ、1989年や1994年を飲んで頂ければわかるのですが、まるで「偉大なバローロ」を思わせるほどの深みを持った途轍もない個性!

ボトル内にのこった泡と、膨大な量のタンニン分がワインをしっかりと守り、熟成で圧倒的な個性を持つことは、今までの経験でも確信しています。

かつては地元以外では一部の人たちの間でしか知られていなかった造り手ですが、アンジョリーノ・マウレ氏、カンティーナ・ジャルディンーノのアントニオ氏をはじめ、多くの造り手たちがバルバカルロを訪れ、

「自分たちがやろうとしてきたことを100年以上前から続けてたなんて!」
と深い敬意を払われているのだそうです。
これ以上「唯一無二」という言葉が似合うワイン、ちょっと他に思い浮かびません。
*酒屋コメント

・8月17日(金)スモールフライ リースリング 2016  600円
オーストラリア バロッサバレー  リースリング 100%

 オーストラリアで今注目のワインメーカー、ウェイン・アーレンズが造る スモールフライ・ワインズです。オーストラリアを代表するワイン評論家ジェームス・ハリディ氏に2010年のAustralian Wine Companionにおいて「One of Ten Dark Horses」といわれ、オーストラリアを代表するワインジャーナリストMAX Allen氏の「The Future Maker」にも選ばれている注目の醸造家です。

 2005年設立ながら、ブドウ栽培は5世代目という栽培に関しては超老舗。

畑はバロッサ北部のヴァインヴェールという自社所有の単一畑(一部買い葡萄も使用)のもの。18haの中には、樹齢が150年を超えるものも含み、40%以上が100年を超え、全体の40%が40~50年、世界中で希少なプレフィロキセラの自根のブドウを贅沢に使用しています。

 全て手摘み、野生酵母にて発酵、熟成はフレッシュな果実味を大事にしたいので、樽は使用せず、最新の酸素透過性を持つ、プラスティック製のタンクを使用。そこで6か月間熟成。酸化防止剤SO2はボトリング時にほんのわずかに使用のみ。

最新の技術を使用することにより、クリーンでナチュラルなワインの醸造が可能となっています!!

・8月24日(金)ラムズフック シュナンブラン 2013  600 円
南アフリカ シュナンブラン 100% 

 南アフリカにおけるナチュラルワインのパイオニア的存在のワイナリー。南仏で修業したワインメーカーのクレイグ・ホーキンス、ア2シスタントのヤルゲン・ガウズの2人により、一躍世界からも注目されるワイナリーとなる。2015年にオーナーがラムズフック売却をきっかけにクレイグ・ホーキンスが独立、ヤルゲン・ガウズは別のワイナリーで自分のブランドを立ち上げる。

 名前の由来  この地で、ラマーヴァンガと呼ばれるカザノワシ(体長70–80cmの大型猛禽)を恐れて、雌羊と子がワイナリーを囲む森に身寄せたことに由来し、羊が身を寄せ合う秘密の場所と名付けられました。

・8月24日(金)ラムズフック シュナンブラン 2013  600 円
南アフリカ シュナンブラン 100% 

 南アフリカにおけるナチュラルワインのパイオニア的存在のワイナリー。南仏で修業したワインメーカーのクレイグ・ホーキンス、アシスタントのヤルゲン・ガウズの2人により、一躍世界からも注目されるワイナリーとなる。2015年にオーナーがラムズフック売却をきっかけにクレイグ・ホーキンスが独立、ヤルゲン・ガウズは別のワイナリーで自分のブランドを立ち上げる。

 名前の由来  この地で、ラマーヴァンガと呼ばれるカザノワシ(体長70–80cmの大型猛禽)を恐れて、雌羊と子がワイナリーを囲む森に身寄せたことに由来し、羊が身を寄せ合う秘密の場所と名付けられました。

 乾燥した畑でオーガニック栽培されたブッシュスヴァイン。土壌は、痩せた花崗岩質で、自然のストレスを与えることでワインに張りを与えるのを助ける。除梗破砕せず、ブドウは全て小型の(2ヘクトリットルサイズ)のバッグプレスとバスケットプレスにて圧搾し、搾汁は後にブレンドするためにその都度分けられる。発酵は、300~600Lのフランス産の古樽で乳酸発酵させる。その後、約7か月後にそれぞれ試飲したのちにブレンドされ、二つの2500のフーダー樽に移し、約11か月熟成させる。清澄はさせず、また、フィルターもかけずに瓶詰を行う。2013年は過去10年間で最も湿った冬のなか収穫された年。全て手摘み

・8月31日(金)ラムズフック ピノタージュ 2014  600 円
南アフリカ ピノタージュ 100% 

 ブドウの樹の樹齢は22年と44年で、オーガニック栽培で行われています。畑の標高は250m、北西の斜面です。土壌はラムズフック花崗岩質。収量は、4t/ha。畑の20%分をロゼとして造り、のちに低めのPHとより酸味をつけるためにブレンドする。また、残りの80%分のうち、3割を除梗破砕せずに発酵させ、残り7割は除梗のみ。最長8日間の発酵期間を経てプレス。5000Lのフーダー樽と9400Lのコンクリートタンク、そして225Lの樽で熟成させる。


*7杯限定で予約可能です。営業時間内であればいつでも結構です。

問い合わせ・予約は電話にて承ります。  TEL 03-6915-1334
スポンサーサイト

プロフィール

中村 竜

Author:中村 竜
ワイン*サカナ ナトワ
荻窪でワインが好きになる、きっかけになれるお店になれればと思いお店をやっています。国もいろいろ、ビオワインやシェリー、レアなワインを身近に感じられるキンヨウワイン、月別のテーマでワイン会も行っています。自分がどんなワインが好きか探しに来て見てください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR